北欧家具やLEDで住まいをコーディネート~インテリアの極意~

モダンなインテリア

ピックアップ

改善傾向がある

街灯などに使用されているものに水銀灯がありますが、近年注目を集めているものにLEDが挙げられます。LEDは、長持ちするので頻繁に交換する必要がなく点灯もすぐに行えるので人気を集めているといえます。

使いやすい家具

家具には様々なものがありますが、その中でも最近注目があるものに北欧家具があります。北欧家具はデザイン性や使い勝手も良いため人気があり、インターネット通販サイトからでも購入が可能となっています。

蛍光灯の選択

LEDは水銀灯の明るさに勝てる

最近、外灯の種類に違いがある事に気づいているだろうか。以前は、当たり前のように蛍光灯や水銀灯が用いられていたが、最近ではLEDが用いられる事が多い。それもそのはずで、まず電気代が全然違うのである。電気会社によって電気料金はまちまちなので、数字としてはあげられないが、約半分の電気代で済むのである。更に、明るさではどうだろうか。明るさは近年の技術革新によって、殆ど変わる事が無いのが率直な感想である。また、水銀の電球交換費用にいたっては、LEDの場合、水銀灯程すぐには切れないので、コストダウンは間違いありません。業者にお願いする工賃まで考慮すると、なおの事である。そう考えると、こぞって外灯などをLEDに交換して設備投資をはかるのも分かる。

ライニングコストから見た器具交換

とはいえLEDが全ての点で有益かは疑問である。なぜなら一番気になるライニングコストが関係しているからである。これは、最終的な損益として考えなければならない。例えば、現在水銀灯がついていて、それをLEDに交換しようとしているとします。そうすると、考えなければならないのが、交換に費やした設備投資の金額をいつ取り戻せるかという問題である。この問題でユーザーは、自分で合理的に考えて答えを出す必要がある。仮にこの設備投資で水銀灯からLEDに交換するのに、25万円掛かったとします。かたや、水銀灯から水銀灯へ電球交換をするのには、1万円掛かったとします。では、何年で元が取れるかということである。これも、おおよそのライニングコストで言えば、LEDの器具が15年くらい故障もせずに動き続けてくれれば、やっと元が取れる計算になる。故障すればもっと費用がかかる。そう考えた時、ユーザーはどちらが得なのかを慎重に適切に判断してほしい。

メニュー

Copyright© 2015 北欧家具やLEDで住まいをコーディネート~インテリアの極意~ All Rights Reserved.